2016年4月20日水曜日

永遠の仲介者

 「そこでまた、彼(キリスト)は、いつも生きていて彼らのためにとりなしておられるので、彼によって神に来る人々を、いつも救うことができるのである」(ヘブル7:25)


 神のみ子イエス・キリストは、永遠に、人に奉仕し続ける立場をお取りになりました。実証された科学的法則は、誰もそれに異議を唱えたり、立ち入ることが出来ないのと同様、人を神に近づけるキリストの力を妨げる者は誰もいません。わたしたちが困難や悩みに遭遇するとき、いつでも祈れる場があるということはありがたいことです。時空を越えて耳を傾けてくださいます。台所からでも、大通りからでもお聞き上げ下さいます。祈る場所、祈る時間というものはありません。言葉にならないうめきのような祈りにも親身に傾聴してくださいます。
「彼(キリスト)は多くの人の罪を負い、とがある者のためにとりなしをした」(イザヤ53:12)。「わたしはあなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈った」(ルカ22:32)。主イエス・キリストが捧げられた祈りを読むとき、つねにわたしたちのサイドで執り成しておられるのがわかります。「我らの主の天における生活は祈りである」(H.B.スィート)。

私は子供の頃に神に祈ることを覚えました。この時から神は私の慰めであり、明日への力でありました。どんな小さな祈りにも神は耳を傾けてくださいますが、主に近づくに従い、祈りの心が変化してきているように思います。「あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることが出来るようにし、心の目を開いてくださるように」(エフェソ1:17,18)。神への理解が深まりますと、信頼と安心をもって神に近づくことが出来る、と聖書は証言しています。

キリストを生きる

「そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、人々があなたがたのよい行いを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい」(マタイ5:16)



 義弟家族とわが家とで能登半島の海に遊んだことがありました。キャンプ場から眼下に美しい日本海を望むことができました。わたしたちはテント村の仲間入りをさせてもらったのですが、その夜の光景を忘れることができません。外灯や電灯が全くない夜のテント村で、各テントの中ではそれぞれの方法で灯りを灯(とも)していました。すると、赤や黄色、青などの様々なテントの色が闇に浮かぶのです。その上、家型、ドーム型、三角型など、テントの形のままにくっきりと浮かび上がります。美しい光の芸術の祭典のようでした。
キリストの精神が弟子たちの心に宿ったとき、彼らは皆互いに違った個性や教養の持ち主でしたが、キリストの命は、それぞれのかたちで現されました。人々は弟子たちの共通点をこう言い表しています、「彼らはイエスと一緒にいた者である」(使徒4:13)。
能力や賜物は人によってみな違います。わたしたちはみな、年令、性、環境、仕事、家族構成、経験、社会的身分、能力など、いろいろ違っています。この世では、これらの違いが差別を生み、争いを引き起こす理由となっていますが、本来、違いそのものが争いの原因をなすものではありません。人間に内在する罪が自己中心に生きる世界を作り上げるのです。この性質がある限り、能力も賜物もすべて差別や争いを生み出す道具に用いられます。キリストの心を受け入れるとき、それらは隣人の祝福のために働きます。それぞれの個性は花壇の花のように美しい違いをしめします。異なることが差別の理由ではなくなります。互いの違いは美しさを引き立てる理由となります。平和的で、魅力的に発揮されます。違いを超えてキリストの精神、キリストの命が現わされます。キリストの命が現される時、あなたに与えられている賜物が最も美しくその価値を発揮するときでもあります。あなたを通して周りを祝福する光がきらきら輝きますように。


2016年4月12日火曜日

わが神を楽しむ

わが神を楽しむ 
 

「わたしは主を大いに喜び、わが魂はわが神を楽しむ」 
                   (イザヤ61:10)

 「楽しむ」という用語は、満足を意味します。わたしたちは楽しい事柄には、できることなら、四六時中浸りきっていたいと思います。その事を思うほどに気分が爽快になるのです。車が好きな人は、車をいじり、車を運転し、車の本を読み、カーアクセサリーを集めます。寝ても覚めても車のことを考えることが楽しいのです。
ダビデは神ご自身を楽しんでいました。その心境を謳(うた)っています。「わたしが床の上であなたを思い出し、夜のふけるままにあなたを深く思うとき、わたしの魂は髄(ずい)とあぶらとをもってもてなされるように飽き足り、わたしの口は喜びのくちびるをもってあなたをたたえる」(詩篇63:5)。
愛する者が相手のために最上のもの(命をも)を与えて愛の証を立てるように、彼は、神が無限の好意を自分に抱いてくださっていることを確信します。そのように、神はあなたに対しても善を計り、恵みで取り囲んでくださいます。一見、悪い状況だと思われる経験も、人知を超えた素晴らしい結果を予想することができるようにしてくださいます。何によってそのことを確信できるでしょうか。十字架という背景です。神が人間の持つすべての重荷を身代わりに担ってくださったという歴史的事実です。それは永遠の神の真実です。
神は罪人が救いを喜び歌う楽器となるよう望んでおられます。救いにあずかった人々は全員でハレルヤコーラスを歌うのです。各人は自分の生活そのものが旋律となることを望みます。「音楽家」は“音を楽しむ人”という意味です。クリスチャンは神を楽しむ人々です。神を楽しむ最高の証は、他の人々に救いの喜びを伝えずにはおれない心境です。歓喜は自己の内にとどめておくことができません。唇を突いて飛び出し、賛美し、生活全体が音色を奏でます。あなたの人生経験が美しい音色を奏でる日々でありますように。



親心

 
 「あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか」(マタイ7の9)

 父と私と妹二人の父子家庭で過ごした時がありました。当時、私は小学5年生。父は、仕事に出ますと1週間から2週間は帰ってきません。その間、私が炊事、洗濯、掃除、買い物などをします。学校が自宅から徒歩2分の近い所にありましたので幸いでした。父が帰ってくるとうれしくてたまりません。父は1日~2日の休みを私たちと共に過ごします。父の休日はいつもお決まりのコースを辿ります。私たちを連れてまず一杯飲み屋に行きます。父が酒を飲んでいる間、私たちはおつまみの豆をぽりぽりほおばるのです。その次はパチンコ屋。父が楽しんでいる間、私は落ちている玉を捜し、それでキャラメルを獲得したりします。妹たちは父のそばで辛抱して待っています。父の興趣が冷めると、今度は場末の映画館で三本立ての洋画を見るのです。
子供たちにとって決して良い環境とは言えませんでしたが、私たちは父が共にいてくれるだけで充分満足だったのです。父は前科者でしたし、母から見れば悪い夫だったと思います。しかし、どういうわけか、私たちにはとても優しい父でした。
人も動物も、親の愛で次世代の命をつないでいると言えるでしょう。近頃、家族の絆がおかしくなっていますが、本来はそうではありません。神は親の立場を持つ者の心に愛を埋め込まれたのです。

私どものことを一番心配してくださる天の父が共にいますことを覚えて日常を過ごすとき、信頼と安らぎの大気の中で呼吸することが出来ます。

2016年3月15日火曜日

見抜く力

見抜く力 
 
  
 「わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。」(フィリピ1:9)

 愛を表す新約聖書のギリシャ語にはいくつか種類があります。恋愛、親子の情愛、友愛、神の愛などがそれで、それぞれ区別されています。ヘンリー・ドラモンドが言っているように、「愛は人生のエネルギー」で、人を動かす力ですが、偏よった愛、思い込みによる愛、善意ではあっても押し付け的な愛などは、他に対して刃物になることがあります。神のみ言葉を通してキリストの人格を学ぶ時、愛の本源であられる神の真実の愛、無私の愛に近づきます。それは傷つけない性質であることはいうまでもありませんが、愛は「高さ」「深さ」「広さ」「長さ」を持つものとして、その理想であるキリストを目指しています。
だいぶん前のことです。調律士を養成する音楽学校の理事長がわが教会の礼拝に出席してくださいました。礼拝後の挨拶の折に感謝の辞を述べ、続いて彼は親切にもこう言ってくださいました、「先生、ピアノの音に狂いが生じているようです。良かったらウチの生徒をよこしましょうか」。
調律士は、音叉の音を基準に、研ぎ澄まされた耳と神経で、微妙に狂ったピアノ音を調整します。卓越した耳の人は、瞬時にわずかの狂いを見抜きます。「見抜く力」は、上記の聖句の文脈によれば、善悪を見分けるというよりは、愛の特徴を掘り下げ、もっとすぐれた愛を追い求めるように、そしてキリストにある愛に成長するよう奨励しています。絶えざる愛の求道者としてキリストを仰ぐ時、神はその道を一歩一歩辿れるように導いてくださるのです。




神を見る

神を見る

  「心の清い人々は、幸いである。その人たちは神を見る」(マタイ5:8)

フィリピンのセミナリーで学んだ1年半の最後の仕上げは、パナイ島での1ヶ月間に亘る連続伝道講演会のお手伝いでした。その間に、1泊2日間のお休みを頂いたことがありました。アジアで働く15人の牧師たちと共に、滞在地からバスで3時間、舟で20分の小さな島ボラカイ島に行きました。透明度の高い海の深い所は紺碧、浅瀬はエメラルドグリーン、海から眺めた島は白砂のラインに緑の椰子の葉が立ち並び、何かのグラビア写真で見た光景そのものでした。海のきれいなことに皆口々に感嘆していると、まもなく舟は真っ白な砂浜にすべり込みました。ひとりの韓牧師は、うれしさのあまりズボンをまくりあげ、深さ30センチほどと見た岸辺で舟から飛び降りたのです。ところが、彼のからだは頭まで水面下にもぐりこんでしまいました。そこは彼の身長よりも深かったのです。澄んだ世界は深い所でもすぐ近くに見えるものですね。

「心の清い人々」は、見えない神、いと高き天の神を見ています。「心の清い人々」は罪のない人のことではありません。むしろ自分の罪深きことがよく見えるのです。「心の清い人」とは、自分の罪深さについて正直な人、心が真っ直ぐな人で、何に目を向けたら良いのかが分かる人です。神の臨在を身近に体験した人は、さらに神を見ることを求める経験に入ります。神が見えると自分が見え、自分の生き方が分かり、人生の本当の意味が見えてきます。自分で心を清くすることが出来ません。キリストがあなたの心を清くしてくださいます。あなたの目をキリストに向けさえすればよいのです。すると、あなたを清くするキリストのみわざがはじまるのです。


救いの香り

救いの香り  


「命から命に至らせる香り」(コリント第2、2の16)

 神の直接のみわざは命をもたらす活動です。「神のいやしの力は、自然のあらゆるものに見られる。木が切られたり、人が負傷したり骨折したりすると、自然はすぐにその傷の害を回復し始める。いやしの働きは、その必要が起こる前から用意されていて、ある部分が傷つくと同時に、一切のエネルギーは回復の働きのために注がれる。霊的な世界においても同じである」(E・G・ホワイト著「教育」136頁)。 キリストの精神に生きる者は、このように自己の存在そのものが周りにいやしと元気を与える香りでありたいと望みます。食品会社「三育フーズ」の前身にあたる食品工場が三育学院カレッジの労働部門として学生たちの勤労精神養成と技術習得の場であったとき、そこのパン工場で働くSさんは神学部の先輩で、わたしと同室でした。彼は授業よりも労働に力を入れていました。ある日の昼食前、彼はパン工場から寮に戻ってきました。たちまち部屋の空気が一変し、美味しそうなパンのにおいが充満したのです。空腹だったわたしは思わず叫びました。「S先輩!あなたを喰ってしまいたいよ!」。早朝からお昼までパン工場にいた彼は、すっかりパンのにおい漬けになっており、彼自身は気づかずにいたのですが、周辺に焼き立てのパンの香りをふりまいていたのです。キリストとの交わりの中に日を過ごす者はこれ似ています。意志的な活動だけではなく、無意識的な感化をまわりに及ぼすものです。言葉づかいやふるまい、微笑などによって接触する人々に命と元気をもたらします。「愛はすべての過ちをおおう」「優しい舌は命の木である」「ここちよい言葉は蜂蜜のように、魂に甘く、からだを健やかにする」(箴言10の12、15の4、16の24)などの聖句に見られるように、神のご臨在のうちに幾分留まる者は、無意識のうちに周辺に天国の雰囲気をかもしだす力となりましょう。